売上高(読み)うりあげだか

会計用語キーワード辞典「売上高」の解説

売上高

本業による収益のこと。本業の主目的である集積役務・サービスによる収益のこと。それに恒常的に発生する作業くずや手持ちの原材料設備の売却額も入ります。恒常的に発生しないものについては営業外収益になります。

出典 (株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」会計用語キーワード辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「売上高」の解説

うりあげ‐だか【売上高】

〘名〙 商品またはサービスの販売によって得た収益の総額。
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉一一「売揚高(ウリアゲダカ)でしっかり債(つぐの)ひを出すとして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android