線密度(読み)せんみつど

大辞林 第三版の解説

せんみつど【線密度】

ある物理量がある線分上に分布しているとき、その線分の単位長さ当たりに含まれる物理量のこと。特に単位長さ当たりの質量をさす。 → 密度

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の線密度の言及

【密度】より

…密度(質量密度)は,CGS単位系では,体積をcm3,質量をgで表すので,g/cm3という単位になり,MKS系ではkg/m3である。一つの量が面や線分上に分布している場合には,単位面積,単位長さ当りの量をそれぞれ面密度,線密度と呼ぶこともある。密度(質量密度)は物質に固有の量であり,温度,圧力によって変化する。…

※「線密度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

線密度の関連情報