縁と浮き世は末を待て(読み)エントウキヨハスエヲマテ

デジタル大辞泉「縁と浮き世は末を待て」の解説

縁(えん)と浮(う)き世(よ)は末(すえ)を待(ま)て

良縁と好機とはあせってもだめで、自然に訪れるのを待つべきである。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android