良縁(読み)りょうえん

精選版 日本国語大辞典 「良縁」の意味・読み・例文・類語

りょう‐えん リャウ‥【良縁】

〘名〙
仏道を悟り、極楽往生するのによい因縁。
経国集(827)一〇・与海公飲茶送帰山〈嵯峨天皇〉「道俗相分経数年、今秋晤語亦良縁」
② ふさわしい縁組。よい縁談
読本椿説弓張月(1807‐11)続「按司(あんず)媒妁(なかだち)して、良縁(リャウエン)を結し給ふこそこよなき妹が僥倖(さいはひ)なれ」 〔陸機‐擬超超牽牛星詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「良縁」の意味・読み・例文・類語

りょう‐えん〔リヤウ‐〕【良縁】

似合わしい縁組。よい縁談。「良縁を得て結婚する」
極楽往生ができるよい因縁
[類語](1縁組み縁結び縁談

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「良縁」の読み・字形・画数・意味

【良縁】りようえん

好縁。

字通「良」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

脂質異常症治療薬

血液中の脂質(トリグリセリド、コレステロールなど)濃度が基準値の範囲内にない状態(脂質異常症)に対し用いられる薬剤。スタチン(HMG-CoA還元酵素阻害薬)、PCSK9阻害薬、MTP阻害薬、レジン(陰...

脂質異常症治療薬の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android