コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縄取り ナワトリ

デジタル大辞泉の解説

なわ‐とり〔なは‐〕【縄取り】

《「なわどり」とも》罪人を縛った縄の端を持って、逃げないように警護すること。また、その役。
「大納言殿、―にひかへられて、中門へ出で給ふ」〈太平記・一三〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なわとり【縄取り】

縛った罪人などが逃げないように縄の端を持つこと。また、その人。 「大納言殿-に引かへられて中門へ出で給ふ/太平記 13

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

縄取りの関連キーワード大倉孝二馬じもの中座

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android