中門(読み)ちゅうもん

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐もん【中門】

仏教寺院で、南大門の次にある門。回廊の前面中央に設けられる。
寝殿造りで、中門廊の途中に設けられた門。
書院造りで、前面の広縁の一部が鉤(かぎ)形に突き出した部分。寝殿造りの中門廊の名残。
茶庭の内外の露地の境にある門。中潜(なかくぐ)り。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうもん【中門】

日本古代の寺院や貴族邸宅などで,外郭内郭を形づくる築地塀や回廊などがあるとき,内郭の門を中門という。古代寺院では金堂を囲む回廊に開かれた正門で,外郭の正門(南大門など)とともに仏門といわれ,他の僧門と区別された。7世紀末までは中門は重層入母屋造の奥行きの深い立派な門で,両脇に金剛力士など伽藍守護の像を置いた,聖と俗の空間の関門であった。法隆寺中門が7世紀の実例である。8世紀の平城京内の寺では都大路に面する南大門などの方を重層の本格的なものとし,中門には略式のものもあった(金剛力士は南大門に安置され,中門には四天王のうちの2天がおかれる)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちゅうもん【中門】

寺院建築で、南大門と主要建物との間にある門。 → 伽藍がらん配置
寝殿造りで、東西の対屋と釣殿とを結ぶ廊(中門廊)の中ほどにある門。 → 寝殿造り
主殿造りの主殿で、広縁の端の短く突き出た部分。寝殿造りの中門廊の名残。 → 主殿造り
茶室の内露地と外露地との境に設けられる門のうち、立って通れるように作られたもの。 → 中潜なかくぐ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の中門の言及

【門】より


【日本】
 神社の鳥居や,住宅の簡単な門を除いた大部分の門は,中国伝来の形式であると考えられる。門は形式によって名づけられるほか,寺院の南大門,中門,総門,三門(山門)など場所による名称,仁王(におう)門,随身(ずいじん)門など安置された像による名称があり,そのほか建礼門,桜田門など固有名詞をつけられたものなどがある。木造建築であるから,正面の柱間(はしらま)の数と,そこに開かれる戸口の数とによって,その規模が表され,五間三戸(ごけんさんこ),三間一戸,一間一戸というふうに呼ばれる。…

※「中門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中門の関連情報