罪人(読み)ザイニン

  • つみびと
  • つみんど

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 罪を犯した人。罪のある人。つみびと。とがにん。
※続日本紀‐大宝元年(701)一〇月戊申「勿当年租調并正税利。唯武漏郡本利並免。曲赦罪人
※海道記(1223頃)東国は仏法の初道「三世仏の済度にもれたる五逆の罪人も」 〔書経‐湯誥〕
〘名〙
① 罪を犯した人。刑を受けている人。犯罪者。ざいにん。科人(とがにん)。つみうど。つみんど。
※書紀(720)用明元年五月(図書寮本訓)「諫(いさ)めて曰く、王たる者(ひと)は刑(ツミ)人を近(ちかつ)けず」
② キリスト教で、原罪を持つ人間をいう。
〘名〙 「つみびと(罪人)」の変化した語。
※俳諧・葛の松原(1692)「かなしむべき風雅の罪人(ツミンド)ならむ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

罪人の関連情報