罪人(読み)ザイニン

大辞林 第三版の解説

ざいにん【罪人】

罪を犯した者。 「 -扱い」

つみびと【罪人】

罪のある人。ざいにん。とがにん。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ざい‐にん【罪人】

〘名〙 罪を犯した人。罪のある人。つみびと。とがにん。
※続日本紀‐大宝元年(701)一〇月戊申「勿当年租調并正税利。唯武漏郡本利並免。曲赦罪人
※海道記(1223頃)東国は仏法の初道「三世仏の済度にもれたる五逆の罪人も」 〔書経‐湯誥〕

つみ‐びと【罪人】

〘名〙
① 罪を犯した人。を受けている人。犯罪者。ざいにん。科人(とがにん)。つみうど。つみんど。
書紀(720)用明元年五月(図書寮本訓)「諫(いさ)めて曰く、王たる者(ひと)は刑(ツミ)人を近(ちかつ)けず」
② キリスト教で、原罪を持つ人間をいう。

つみんど【罪人】

〘名〙 「つみびと(罪人)」の変化した語。
※俳諧・葛の松原(1692)「かなしむべき風雅の罪人(ツミンド)ならむ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

罪人の関連情報