コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義弘 ヨシヒロ

大辞林 第三版の解説

よしひろ【義弘】

鎌倉末・南北朝期の越中の刀工と伝える。松倉郷右馬允と称し、義広・善弘とも記し、ただ単に郷ごうとも呼ばれる。音通であることから、江の字を当てることもある。在銘の作刀は存在せず、正宗の弟子説とともに伝説的存在。生没年未詳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

義弘の関連キーワード日本女侠伝 真赤な度胸花くも合戦大会泗川の戦い粟田口吉光瑠璃光寺北条氏綱工藤重貞大内義弘島津家久佐知景則足利満兼今井道与伊丹十三益田兼世島津義久大内弘茂平井道助里見義頼大内盛見ウシウマ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

義弘の関連情報