ごう

精選版 日本国語大辞典「ごう」の解説

ごう

〙 (多く「と」を伴って用いる) 吹き荒れる風の音や、はげしく流れる水の音、非常な勢いで走る列車の音、の音などのような、はげしく響く音を表わす
※日本書紀桃源抄(15C後)「鐘はのなりぞ。がうと云は喉からがうと云ぞ」
※一握の(1910)〈石川啄木〉忘れがたき人人「ごおと鳴る凩のあと 乾きたる雪舞ひ立ちて を包めり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android