コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義法 ぎほう

世界大百科事典内の義法の言及

【桐城派】より

…安徽省桐城県出身の方苞(ほうほう)が基礎をつくり,継承者の劉大櫆(りゆうだいかい),姚鼐(ようだい)がいずれも同県出身のために,この名がある。明代の唐・宋派の系譜に立ち,宋学の学統を守る〈道の文学〉を目指して文章の〈義法〉,すなわち内面的理法と外形的法則の調和を説き,簡潔で質実な文章を書いた。劉大櫆は方苞に師事し,〈義法〉理論を拡大し,文章は〈神気〉である精神を主として,気分はこれを輔(たす)けると説き,文字の音調も重んじた。…

※「義法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

義法の関連キーワード民主主義科学者協会法律部会山田風太郎 からくり事件帖ローカル・コンテント法案ピョートル ストゥーチカプラグマティズム法学バイシェーシカ学派マルクス主義法学パシュカーニスリアリズム法学社会主義法制ストゥーチカキュジャス社会主義法多文化主義よーいドン青木 正博平野義太郎レイスネル橋本 文雄思考実験

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

義法の関連情報