コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羽田五郎 はねだ ごろう

2件 の用語解説(羽田五郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

羽田五郎 はねだ-ごろう

?-? 室町時代の漆工。
棗(なつめ)形の茶器の創始者といわれ,羽田盆も有名。文明(1469-87)のころ京都相国(しょうこく)寺の法界門付近にすんだという。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

羽田五郎

室町後期の塗師。茶道具の塗師の最古の人とされ,黒棗や「羽田盆」と称する黒漆塗四方盆の創始者といわれる。その作は居所にちなんで「法界門塗」と呼ばれる江戸時代の茶道指南書『茶道筌締』には村田珠光の時代,奈良の人とあるが奈良には法界門の称はなく,京都相国寺の法界門の門前の住人の誤りである。同所での羽田姓の塗師の活動は『蔭涼軒日録』にも現れているが,「五郎」の実体は羽田以外を含む門前の塗師たちを基にした伝説上の人物かとみられる。当時は茶道具の国産化が進んだ時期で,禅林への出入りを通じて意匠,技術を開発し,いち早く京中の士庶へも供給したのが法界門の塗師達であった。<参考文献>小池富雄「法界門塗の検討」(『金鯱叢書』11集)

(小池富雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

羽田五郎の関連キーワード道恵塗師塗師風呂塗師屋塗師平六伊川左茂理篠井秀次(初代)堆朱伝次郎道意(3)中村宗哲(5代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone