茶器(読み)ちゃき

精選版 日本国語大辞典「茶器」の解説

ちゃ‐き【茶器】

〘名〙 の道具。広義には、茶道具全般をさす。狭義には、薄茶用の容器。薄茶器。肩衝(かたつき)、丸壺(まるつぼ)(なつめ)など。
※庭訓往来(1394‐1428頃)「饒州茶碗。并茶器。八入盆」 〔白居易‐睡後茶興憶楊同州詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「茶器」の解説

ちゃき【茶器】

点茶に必要な諸道具をすべて茶器と称するが,狭義には薄茶(うすちや)器すなわち薄茶を入れる器をさす。なお薄茶器と茶杓を両器と称する。茶道具【戸田 勝久】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android