茶器(読み)ちゃき

精選版 日本国語大辞典 「茶器」の意味・読み・例文・類語

ちゃ‐き【茶器】

〘名〙 茶の道具広義には、茶道具全般をさす。狭義には、薄茶用の容器薄茶器肩衝(かたつき)、丸壺(まるつぼ)、棗(なつめ)など。
庭訓往来(1394‐1428頃)「饒州茶碗。并茶器。八入盆」 〔白居易‐睡後茶興憶楊同州詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「茶器」の意味・読み・例文・類語

ちゃ‐き【茶器】

茶の湯道具の総称
薄茶用の容器。薄茶器。
[類語]食器酒器

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「茶器」の意味・わかりやすい解説

茶器 (ちゃき)

点茶に必要な諸道具をすべて茶器と称するが,狭義には薄茶(うすちや)器すなわち薄茶を入れる器をさす。なお薄茶器と茶杓を両器と称する。
茶道具
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

普及版 字通 「茶器」の読み・字形・画数・意味

【茶器】ちやき

茶道具。

字通「茶」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「茶器」の意味・わかりやすい解説

茶器
ちゃき

薄茶器

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android