茶器(読み)チャキ

世界大百科事典 第2版の解説

ちゃき【茶器】

点茶に必要な諸道具をすべて茶器と称するが,狭義には薄茶(うすちや)器すなわち薄茶を入れる器をさす。なお薄茶器と茶杓を両器と称する。茶道具【戸田 勝久】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちゃき【茶器】

茶道具の総称。狭義には、薄茶を入れておく容器の称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちゃ‐き【茶器】

〘名〙 茶の道具。広義には、茶道具全般をさす。狭義には、薄茶用の容器。薄茶器。肩衝(かたつき)、丸壺(まるつぼ)、棗(なつめ)など。
庭訓往来(1394‐1428頃)「饒州茶碗。并茶器。八入盆」 〔白居易‐睡後茶興憶楊同州詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

茶器の関連情報