有名(読み)ユウメイ

デジタル大辞泉「有名」の解説

ゆう‐めい〔イウ‐〕【有名】

[名・形動]
名を有すること。
世間に名が知られていること。また、そのさま。「有名な俳優」「風光明媚で有名な地」「有名人」⇔無名
[用法]有名・著名高名――「有名な(著名な・高名な)作家」では、相通じて用いられる。いずれも世間に名がよく知られていることをいう。◇「有名」は人にかぎらず日常の身近な所で話題にのぼる事物についても用い、良い悪いのどちらの点でも名がよく知られている場合に用いる。「有名校」「近所で有名な乱暴者」「このあたりでは有名なおばあちゃん」◇「著名」は、社会的に認められて広く知られている場合に用いられ、文章語的で改まった言い方。「著名な学者」◇「高名」は「著名」よりも、さらに社会的評価が高い。「世界的にも高名な物理学者」のように用いるとともに、相手の名前の敬称として「御高名はかねがね承っております」などと用いる。
[類語]美名名声名聞盛名英名令名栄冠栄光栄誉光栄名誉誉れ光輝栄名声誉勇名雷名威名佳名驍名嬌名好評知名著名高名名高い名うて名代評判名立たる名が売れる顔が売れる音に聞く世に出る世に聞こえる名高い知名度名が有る名が通る名をはせる名を残す名を成す顔が立つ面目を施す一花咲かせる錦を飾る名をあげる名を売る名を得る名を立てる名を遂げる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「有名」の解説

ゆう‐めい イウ‥【有名】

〘名〙 (形動) 世間に広くその名が知られていること。名高いこと。また、そのさま。著名。
※菅家文草(900頃)一二・為諸公主奉為中宮修功徳願文「譬如有名星宿麗晴天以放光、無価花房排宝樹而連上レ蔕」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一「その母は有名の馬爾士海泊(マルスヘイルブ)の孫なり」 〔史記‐汲鄭伝〕

ある【有】 名(な)

正しい名。実名。本名。
※浮世草子・俗つれづれ(1695)四「此人あやかり右衛門といひ、ある名(ナ)はいはざりき

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「有名」の解説

【有名】ゆう(いう)めい

著名。また、名だけある。〔国語、晋語八〕叔向(しゆくしやう)、韓宣子を見る。宣子、を憂ふ。叔向之れを賀す。宣子曰く、(われ)の名るも、の實(財)無し。以て二三子に從ふ無し。吾是(ここ)を以て憂ふ。子(し)の我を賀するは何の故ぞと。

字通「有」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android