有名(読み)ユウメイ

デジタル大辞泉の解説

ゆう‐めい〔イウ‐〕【有名】

[名・形動]
名を有すること。
世間に名が知られていること。また、そのさま。「有名な俳優」「風光明媚で有名な地」「有名人」⇔無名
[用法]有名・著名高名――「有名な(著名な・高名な)作家」では、通じて用いられる。いずれも世間に名がよく知られていることをいう。◇「有名」は人にかぎらず日常の身近な所で話題にのぼる事物についても用い、良い悪いのどちらの点でも名がよく知られている場合に用いる。「有名校」「近所で有名な乱暴者」「このあたりでは有名なおばあちゃん」◇「著名」は、社会的に認められて広く知られている場合に用いられ、文章語的で改まった言い方。「著名な学者」◇「高名」は「著名」よりも、さらに社会的評価が高い。「世界的にも高名な物理学者」のように用いるとともに、相手の名前の敬称として「御高名はかねがね承っております」などと用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ある【有】 名(な)

正しい名。実名。本名。
※浮世草子・俗つれづれ(1695)四「此人あやかり右衛門といひ、ある名(ナ)はいはざりき」

ゆう‐めい イウ‥【有名】

〘名〙 (形動) 世間に広くその名が知られていること。名高いこと。また、そのさま。著名。
※菅家文草(900頃)一二・為諸公主奉為中宮修功徳願文「譬如有名星宿麗晴天以放光、無価花房排宝樹而連上レ蔕」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一「その母は有名の馬爾士海泊(マルスヘイルブ)の孫なり」 〔史記‐汲鄭伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報