老いの入舞(読み)オイノイリマイ

デジタル大辞泉「老いの入舞」の解説

おい‐の‐いりまい〔‐いりまひ〕【老いの入舞】

をとってから最後一花を咲かせること。
「そのまま人の嫌ふ事をも知らで―をし損ずるなり」〈花鏡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android