コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖ウォードリュ教会 セイウォードリュキョウカイ

デジタル大辞泉の解説

せいウォードリュ‐きょうかい〔‐ケウクワイ〕【聖ウォードリュ教会】

Collégiale Ste-Waudru》ベルギー南西部、エノー州の州都モンスにある教会。エノー伯の娘ウォードリュが7世紀に創建した僧院を起源とする。15世紀から17世紀にかけて建造された現在の建物は、同国屈指のブラバントゴシック様式の優れた作例とされる。聖ウォードリュ参事会教会。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

聖ウォードリュ教会の関連キーワードエゴイストフィリップ・モリスDAUMAUウイークリーアクティブユーザー週間アクティブユーザー数カイヨアカレッジコラージュランデ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android