コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胡鉄梅

美術人名辞典の解説

胡鉄梅

清代の画家。安徽省桐城生。画家胡寅の子。名は、鉄梅は字。日本人女性と結婚し、のち来日して日本で画名が高まった。文人趣味の溢れた四君子・花卉雑画の類を得意とした。王冶梅と並んで梅画で有名である。光緒25年(明治32・1899)歿、52才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

こてつばい【胡鉄梅】

1848~1899) 中国清末の画家。名は璋。来日し名古屋・神戸に居住。ことに水墨画は文人趣味があふれ、すぐれていた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

胡鉄梅の関連キーワード柚木 玉邨柚木玉邨北方心泉名古屋水墨画神戸居住

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android