コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胴張り ドウバリ

デジタル大辞泉の解説

どう‐ばり【胴張り】

角形の器で、側面がふくらんでいるもの。
印刷機の加圧を調整するために、加圧円筒の裏面に布・紙・ゴムなどを巻くこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

胴張りの関連キーワード武蔵府中熊野神社古墳ギリシア美術稲荷塚古墳日の岡古墳エンタシス段の塚穴経塚古墳胴間声角形側面華瓶

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android