角形/角型(読み)カクガタ

精選版 日本国語大辞典の解説

かく‐がた【角形】

〘名〙 角ばった形。方形。かくなり。
※倫敦塔(1905)〈夏目漱石〉「模様は、〈略〉頗る単純の直線を竝べて角形に組み合はしたものに過ぎぬ」

かく‐けい【角形】

かっ‐けい カク‥【角形】

※彼女とゴミ箱(1931)〈一瀬直行〉浅草新風景「館によっては、その名を、〈略〉ネオン・サインによってあらはし、又は円形に、角形(カクケイ)に、縁取って、若い心を唆りたててゐる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android