側面(読み)そくめん

精選版 日本国語大辞典「側面」の解説

そく‐めん【側面】

〘名〙
① 左右の面。物体の上下および前後の面以外の面。また、横の方。
随筆守貞漫稿(1837‐53)一一「志之字左右面無異也」
経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「平昆の側面を迂回しての後面を襲ひ」 〔王建‐同于汝錫賞白牡丹詩〕
② (比喩的に用いて) 多くの中の一面わきの方面。それまで表面に現われていなかった別の特色
最暗黒之東京(1893)〈松原岩五郎〉六「人間生活の側面(ソクメン)而も最も錯雑したる人間生活の側面」
数学で、角柱円柱などの柱体、あるいは角錐円錐などの錐体の、底面以外の面。

そば‐づら【側面】

〘名〙 (形動) (「そばつら」とも) 側面。また、中心でない方面。また、主要であるものからはずれているさま。
※応永本論語抄(1420)顔淵第一二「そはつらを心得たりと知て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「側面」の解説

そく‐めん【側面】

正面に対して、横の面。物の上下・前後でない面。「箱の側面
中心的でないわきの方面。「独立運動を側面から支えた人物」
いろいろの性質・特色などがあるうちの一つ。ある一面。「友人の意外な側面を知る」
数学で、角柱・角錐の、底面以外の面。
[類語](1横合い横っちょ横腹サイド平面表面球面曲面断面底面半面片面両面/(3一方片方片一方片割れ他方一面半面他面片側片面片端一端一半一環片鱗一面的一方的サイド

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android