側面(読み)そくめん

精選版 日本国語大辞典「側面」の解説

そく‐めん【側面】

〘名〙
① 左右の面。物体の上下および前後の面以外の面。また、横の方。
※随筆・守貞漫稿(1837‐53)一一「志之字左右側面無異也」
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「平昆の側面を迂回して其の後面を襲ひ」 〔王建‐同于汝錫賞白牡丹詩〕
② (比喩的に用いて) 多くの中の一面。わきの方面。それまで表面に現われていなかった別の特色。
※最暗黒之東京(1893)〈松原岩五郎〉六「人間生活の側面(ソクメン)而も最も錯雑したる人間生活の側面」
③ 数学で、角柱や円柱などの柱体、あるいは角錐や円錐などの錐体の、底面以外の面。

そば‐づら【側面】

〘名〙 (形動) (「そばつら」とも) 側面。また、中心でない方面。また、主要であるものからはずれているさま。
※応永本論語抄(1420)顔淵第一二「そはつらを心得たりと知て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「側面」の解説

そく‐めん【側面】

正面に対して、横の面。物の上下・前後でない面。「箱の側面
中心的でないわきの方面。「独立運動を側面から支えた人物」
いろいろの性質・特色などがあるうちの一つ。ある一面。「友人の意外な側面を知る」
数学で、角柱角錐の、底面以外の面。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android