コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胴掛(け) ドウガケ

デジタル大辞泉の解説

どう‐がけ【胴掛(け)】

《「どうかけ」とも》三味線で、演奏時に右腕がのる胴の部分にかける布製または皮製の覆い胴当て

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

胴掛(け)の関連キーワード羽田登喜男

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android