片面(読み)カタツラ

デジタル大辞泉の解説

かた‐つら【片面】

物の一方の側。一方の(めん)。また、顔の半面
「とにかく内義の―の耳を、五はいづつでふさいでおき」〈浮・禁短気・三〉

かた‐めん【片面】

一方の面。片方の面。「片面刷り」「レコードの片面」⇔両面
物事の一方の面。「事実を片面からしか見ていない」
顔の半分

へん‐めん【片面】

片方の面。かためん。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かたつら【片面】

物の一方の側。また、顔の片側。 「わたくしはいつも-の眼がねていますゆゑ/咄本・御前男」

かためん【片面】

物の一方の面。半面。 ⇔ 両面 「レコードの-」 「 -刷り」
物事の一方の面。 「ものの-だけしか見ない」
顔の半分。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

片面の関連情報