コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胴突き ドウヅキ

デジタル大辞泉の解説

どう‐づき【胴突き】

地盤を突き固め、また、くいを打つこと。また、その用具。俗に「よいとまけ」とよばれる真棒胴突きと、蛸(たこ)胴突きがある。土突き。
釣りで、重りを最下端につけ、幹糸に枝針を何本かつけた仕掛け。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

どうづき【胴突き】

杭を打ったり地盤を突き固めること。また、それに用いる道具。たこ胴突き・棒胴突きなどがある。
「胴突き釣り」の略。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

胴突きの関連キーワード胴突き釣り・胴突き釣ホーハイ節よいとまけ真棒胴突き木工機械土突き胴上げ蛸突きさんや真棒地盤

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android