コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重り/錘 オモリ

デジタル大辞泉の解説

おもり【重り/×錘】

重さを増すために付け加えるもの。
秤(はかり)の付属品で、物の重さとつりあわせるための金属。分銅。
釣りの仕掛けを沈めるために付ける鉛。また、漁網を沈めるために付けるもの。沈子(ちんし)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

重り/錘の関連キーワード吊る・釣る・攣る・痙る第3世代ソフトルアーウォーターバラストフリーダイビングソフトルアー回収テストハンマー法掃海訓練と機雷アッケシソウ弥次郎兵衛リュージュセーリングボブスレー航路標識丸谷才一ずしやかアーチ持重り液位計付属品諸白髪

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android