コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胸当て ムナアテ

デジタル大辞泉の解説

むな‐あて【胸当て】

むねあて」に同じ。

むね‐あて【胸当て】

衣服の汚れを防ぐために胸に当てる布。胸掛け。
胸のあたりをおおう鎧(よろい)。
江戸時代火事装束の一。胸を保護するもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むなあて【胸当て】

むねあて(胸当)」に同じ。

むねあて【胸当て】

〔「むなあて」とも〕
汚れなどを防ぐために胸のあたりに当てる布。作業衣や子供の服などにつけることが多い。
胸のところにつける鎧よろい。日本の鎧にはない。胸甲。
火事装束の部分の称。胸をおおうもの。
推量すること。心当て。 「思ひの外-の違ひ/浮世草子・新色五巻書」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の胸当ての言及

【腹掛け】より

…下に〈どんぶり〉と称する大きなポケットがついており,これが体から離れているので前へかがんでも中のものが外へこぼれず,働き着の下着として機能的なものであった。素肌につけるのをたてまえとし,同形のものでも,武家の火事装束の羽織下につけるものは,胸当てといい腹掛けとはいわない。【山辺 知行】 紺のめくら縞の腹掛けは,職人その他戸外労働に従事する人びとの愛用するところであった。…

※「胸当て」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

胸当ての関連キーワードヘラクレス(ギリシア神話の英雄)sarong apronコロンビアの古代文化クルップ(鉄鋼会社)オーバーオールズエベンキ(民族)アイスホッケーオーバーオール防弾チョッキプロテクターフェンシング角兵衛獅子サロペットディッキーエベンキ族エプロン胸当て錐浮世草子クイラスアイギス

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

胸当ての関連情報