コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脳弓 のうきゅうfornix

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脳弓
のうきゅう
fornix

乳頭体に始り,海馬回の鉤に達する長い弓状の有髄線維の集りで,柱,体および脚に区別できる。脳弓柱は乳頭体から出て脳梁にいたるまでの部分であるが,乳頭体から前交連までは脳質中に隠れている。脳弓体は脳弓の主体となる中央部で,左右相互に,また背側の脳梁とも癒着する。脳弓脚は脳梁幹のうしろから離れて外下方に走って側脳室下角にいたり,海馬足と癒着して海馬采となり,海馬足の前端に達する。大脳皮質の嗅覚中枢および海馬足からの興奮を受けて,乳頭体に伝える下行伝導路になっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

脳弓の関連キーワード嗅脳

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android