コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自色 ジショク

デジタル大辞泉の解説

じ‐しょく【自色】

ある鉱物に固有の色。不純物で着色されていない色。→他色

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じしょく【自色】

個体差のない、鉱物本来の色。 → 他色

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の自色の言及

【鉱物】より

…(d)色 鉱物はそれぞれ異なった色彩をもつが,それはそれぞれの鉱物の結晶構造,化学組成などの相違により現れるものである。その鉱物が本来もつ色を自色と呼び,これに対し,化学組成は同じでも,微量成分の存在などのため示す他の色を他色と呼ぶ場合もある。例えば方解石は無色透明または白色の結晶として産出するが,その成因の特殊性によって,カルシウムの一部をマンガンにより置換することにより桃色,紅色を呈する場合がある。…

※「自色」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

自色の関連キーワードキャンベル(Kim Avril Phaedra Douglas Campbell)アール・ケー・ビー毎日放送東洋情報システムヤマザキショップ日本(にほん)デ・パルマバスツアー住友商事青島幸男維新八策日特建設個体差中村藩米久

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自色の関連情報