コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

他色 タショク

デジタル大辞泉の解説

た‐しょく【他色】

鉱物が、その中に含まれる不純物などによって呈する色。水晶が黒や紫色になるなど。仮色(かしょく)。→自色(じしょく)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たしょく【他色】

同一種の鉱物のなかで、著しく色の違う個体があるとき、そのことをさす語。微量成分や結晶の欠陥による。仮色。 ↔ 自色

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の他色の言及

【鉱物】より

…(d)色 鉱物はそれぞれ異なった色彩をもつが,それはそれぞれの鉱物の結晶構造,化学組成などの相違により現れるものである。その鉱物が本来もつ色を自色と呼び,これに対し,化学組成は同じでも,微量成分の存在などのため示す他の色を他色と呼ぶ場合もある。例えば方解石は無色透明または白色の結晶として産出するが,その成因の特殊性によって,カルシウムの一部をマンガンにより置換することにより桃色,紅色を呈する場合がある。…

※「他色」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

他色の関連キーワードカスタマイズ自色

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

他色の関連情報