コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芝打ち長 シバウチダケ

デジタル大辞泉の解説

しばうち‐だけ【芝打ち長】

先端が地面に触れるほど垂れていること。また、そのくらいの長さ。
「厚総(あつふさ)の尻繋(しりがひ)の、只今染め出でたる如くなるを、―に懸け成し」〈太平記・一二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しばうちなが【芝打ち長】

( 名 ・形動ナリ )
物の端が地面に届くほど長く垂れ下がるさま。 「厚総あつふさの鞦しりがいの只今染め出でたるごとくなるを-に懸けなし/太平記 12

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

芝打ち長の関連キーワード先端

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android