コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花らっきょう

デジタル大辞泉プラスの解説

花らっきょう

福井県で生産されるラッキョウ。明治初期から三里浜の砂丘地帯で栽培されてきた。植えつけてから3年かけて収穫する小粒のらっきょうで、高級品として知られる。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典内の花らっきょうの言及

【ラッキョウ(辣韭)】より

…おもに鱗茎を塩漬または酢漬など漬物とし利用するほか,漢方薬にも利用される。【平岡 達也】
[食用]
 鱗茎を塩漬,しょうゆ漬,甘酢漬などにするが,とくに甘酢漬にすることが多く,その小粒のものを花らっきょうと呼ぶ。これには塩で1~2日下漬したラッキョウを,酢と赤砂糖を同容量合わせ,一度煮たてて冷ました汁に入れて本漬する。…

※「花らっきょう」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

花らっきょうの関連キーワードみさちゃん福井県

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android