コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荊を負う イバラヲオウ

デジタル大辞泉の解説

荊(いばら)を負(お)・う

《「負荊(ふけい)」を訓読みにしたもの。自分をむちうってくれるようにイバラの杖(つえ)を負う意から》深く謝罪することのたとえ。「犯した罪のために―・って生きていく」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いばらをおう【荊を負う】

罪を一身に引き受けて苦難に耐える。 → 負荊ふけい

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

荊を負うの関連キーワード茨・荊・棘・薔薇一身

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android