コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊綴じ キクトジ

大辞林 第三版の解説

きくとじ【菊綴じ】

直垂ひたたれ・水干・素襖すおうなどの縫い目に補強と装飾を兼ねてとじつけた組紐。先端を総状にほぐして、菊の花の形にした。後世、くけ紐・革紐も用い、先端をほぐさないものは結び菊綴じといった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

菊綴じの関連キーワード付け物・付物素襖・素袍四幅袴すいか直垂素襖行司水干総状先端

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android