コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

萩の屋鳥兼 はぎのや とりかね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

萩の屋鳥兼 はぎのや-とりかね

?-? 江戸時代後期の狂歌師。
大屋裏住(おおやの-うらずみ)の別号である萩の屋の2代をつぐ。本町側の判者。江戸日本橋にすみ,文政4年(1821)「詠咏寄譚」をあらわした。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例