コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

判者 ハンザ

デジタル大辞泉の解説

はん‐ざ【判者】

はんじゃ(判者)2

はん‐じゃ【判者】

物事の優劣・可否を判定する人。
歌合わせ・句合わせなどで、作品の優劣可否を判定する人。はんざ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はんじゃ【判者】

歌合うたあわせ・句合などの際、歌・句の優劣・可否などを判定する人。はんざ。
物事の正邪・優劣などを判定する人。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の判者の言及

【歌合】より

…また当座歌合,兼日歌合,撰歌合,時代不同歌合,自歌合,擬人歌合など,歌人関与のあり方を規準として区分することもあって,歌合の分類は多岐複雑である。 またその構成は,人的構成にのみ限っていうと,王朝晴儀の典型的な歌合にあっては,方人(かたうど)(左右の競技者),念人(おもいびと)(左右の応援者),方人の頭(とう)(左右の指導者),読師(とくし)(左右に属し,各番の歌を順次講師に渡す者),講師(こうじ)(左右に属し,各番の歌を朗読する者),員刺(かずさし)(左右に属し,勝点を数える少年),歌人(うたよみ)(和歌の作者),判者(はんじや)(左右の歌の優劣を判定する者。当代歌壇の権威者または地位の高い者が任じる)などのほか,主催者や和歌の清書人,歌題の撰者などが含まれる。…

【物合】より

…左方,右方に分かれ,たがいに物を出し合って優劣を競い,判者(はんじや)が勝敗の審判を行い,その総計によって左右いずれかの勝負を決める遊戯。物合は歌合,相撲(すまい),競馬(くらべうま),賭射(のりゆみ)などとともに〈競べもの〉の一種であるが,歌合,詩合などをも含む広範囲に及ぶ各種の合わせものを一括していうことも多い。…

※「判者」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

判者の関連キーワード文合わせ・文合せ千五百番歌合言仲那言匕盛桃花園真鳥花野江戸住柳楽子糸長松桜庵高人萩廼屋烏兼弓の屋春雄浅穎庵千本夷曲堂鈍人反古堆跡成南亭葉々広南陀楼綾繁宝市亭升成呉竹園葉並通用亭徳成張月舎真弓元日窓松人初代桂眉住

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android