落落として晨星の相望むが如し(読み)ラクラクトシテシンセイノアイノゾムガゴトシ

デジタル大辞泉の解説

落落(らくらく)として晨星(しんせい)の相望(あいのぞ)むが如(ごと)し

劉禹錫「送張盥赴挙序」から》明け方の空に星が次々に消えてまばらになるように、年をとって同年配の友人がしだいに少なくなることをいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例