コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

劉禹錫 りゅううしゃくLiu Yu-xi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

劉禹錫
りゅううしゃく
Liu Yu-xi

[生]大暦7(772)
[没]会昌2(842)
中国,中唐の詩人。中山 (河北省定県) の人,一説に彭城 (江蘇省銅山県) の人。字,夢得 (ぼうとく) 。貞元9 (793) 年進士に及第。やがて監察御史となり,王叔文,柳宗元らと政治改革を志したが,永貞1 (805) 年叔文は失脚,禹錫は朗州司馬に左遷された。 10年ののち都へ召還されたが,そのときつくった詩をとがめられて再び連州刺史に移され,太和2 (828) 年に都に戻って主客郎中となった。その後も中央と地方の諸官を歴任して没した。地方にある間に民間歌謡に接し,農民の生活や感情をうたい,『竹枝詞』『柳枝詞』などは唐詩の新生面を開いたものであり,地方で広く歌われたという。また,当時の「因果応報」「人感応」説などを駁し,唯物論的な傾向をもった議論を展開している。晩年は白居易と親交があり,唱和した詩も多く,ひたすら詩文の道に励んだ。詩文集『劉夢得文集』 (30巻) ,『外集』 (10巻) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

りゅう‐うしゃく〔リウ‐〕【劉禹錫】

[772~842]中国、中唐期の詩人。中山(河北省)の人という。字(あざな)は夢得(ぼうとく)。柳宗元白居易と親しく詩を応酬し、「劉柳」「劉白」と称された。民間で歌われていた「竹枝詞」などを文学作品に高めたことで知られる。また、「天論」を著し、天命論を批判。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

劉禹錫【りゅううしゃく】

中国,中唐の詩人。洛陽河南省)の人。字は夢得。793年の進士政争にまきこまれ,朗州(湖南省)などの僻地に左遷された体験によって,民衆生活を歌うことが多く,ことに民謡を改良して詞(詩余)を作った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りゅううしゃく【劉禹錫 Liú Yǔ xī】

772‐842
中国,中唐の詩人。字は夢得。洛陽(河南省)の人。はじめ淮南(わいなん)節度使(安徽江蘇省の地方長官)の幕僚となったが,のちに中央政府の正規の官職である監察御史となり,柳宗元などと同じく,当時権勢を誇った王叔文(753‐806)の一派に属して,将来の宰相と目された。しかし,王叔文が失脚すると,連座して朗州(湖南省)の司馬に左遷された。朗州では民謡の歌詞の改作を盛んに行い,〈竹枝詞(ちくしし)〉などがその地で広く歌われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

りゅううしゃく【劉禹錫】

772~842) 中国、唐代の詩人。字あざなは夢得ぼうとく。白居易から詩豪と称賛された。湖南省朗州の民謡を改作した「竹枝詞」十余編で知られる。著「劉夢得文集」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

劉禹錫
りゅううしゃく
(772―842)

中国、中唐期の詩人。字(あざな)は夢得(ぼうとく)。漢の中山(河北省)靖王(せいおう)劉勝の子孫と自称しているが、匈奴(きょうど)族の末裔(まつえい)。祖先は北魏(ほくぎ)のとき、洛陽(らくよう)に移り住んだ。出生地は呉郡(ごぐん)(江蘇(こうそ)省)。柳宗元(りゅうそうげん)と同じく793年(貞元9)の進士。革進派の王叔文(しゅくぶん)の党に加わり、連座。805年(永貞1)9月、連州(広東省)刺史(しし)に貶(おと)され、10月、朗州(湖南省)司馬に改められた。検校礼部尚書、太子賓客(ひんかく)となって洛陽に出向し、72歳で没した。晩年、白居易と詩を唱和応酬した。中国文学史上、民間で歌われていた「竹枝詞(ちくしし)」「楊柳枝詞(ようりゅうしし)」などを文学作品として洗練したことで知られる。さりげない表現のなかに深い含意を込めた作風に特色がある。『劉賓客文集』30巻、『外集』10巻がある。[丸山 茂]
『高木正一著『新訂中国古典選15 唐詩選 下』(1966・朝日新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

劉禹錫の関連キーワード落落として晨星の相望むが如し平地に波瀾を起こす玄武湖公園徐禎卿唐詩選及第貞元彭城桃李王建薛濤

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android