蓮教(読み)れんきょう

朝日日本歴史人物事典の解説

蓮教

没年:応1.5.2(1492.5.27)
生年:宝徳3(1451)
戦国期の真宗の僧。仏光寺門徒の大半を伴い本願寺蓮如に帰参,本願寺教団拡大の基をつくったことで有名である。京都洛東渋谷に生まれる。仏光寺性善 の息子。経豪と称し,文明1(1469)年仏光寺を継職するが,蓮如へ帰参の志をいだき,同13年蓮如の長男順如の仲介でその志を遂げて,蓮教との法名を授与された。このとき,仏光寺四十八坊の内四十二坊と,門徒数万人を伴ったという。その後,山城国(京都府)山科の本願寺内に一宇を建立し,仏光寺の旧名である興正寺と号した。<参考文献>「反古裏書」,玄智『大谷本願寺通記』,『本願寺史』

(草野顕之)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

蓮教 (れんきょう)

生年月日:1451年1月15日
室町時代;戦国時代の真宗の僧
1492年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android