戦国時代(読み)センゴクジダイ

デジタル大辞泉の解説

せんごく‐じだい【戦国時代】

日本で、戦国大名が群雄割拠した動乱の時代。応仁の乱開始のころから織田信長が将軍足利義昭(あしかがよしあき)を追放して天下統一に乗り出すまでの約1世紀。
中国で、前403年のの分裂から前221年のによる中国統一までの動乱期。
(比喩的に)同じような勢力や能力の者が多数入り乱れて争う時代。「外食産業戦国時代

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

戦国時代【せんごくじだい】

(1)日本史の時代区分。1467年に起こった応仁・文明の乱から,1568年織田信長の入京に至る約1世紀の動乱の時代。応仁・文明の乱によって室町幕府の権力は全く失墜し,幕府権力を背景にした守護大名は次々に倒され,各地に実力により台頭した戦国大名が割拠し,覇を競ったが,信長・豊臣秀吉により統一された。(2)中国史の時代区分。→春秋戦国時代
→関連項目種子島時尭長宗我部氏日本松浦氏室町時代

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

防府市歴史用語集の解説

戦国時代

 室町時代の後半で、1467年の応仁の乱[おうにんのらん]から室町幕府が織田信長[おだのぶなが]によってほろぼされた1573年までを言います。実際には室町幕府に将軍がいたので、室町時代の中の戦国大名[せんごくだいみょう]が戦争をくりひろげた時期をさします。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

せんごくじだい【戦国時代】

日本史で、応仁の乱(1467~1477)から1568年の織田信長入京頃までの混乱期をいうが異説もある。群雄割拠、戦国大名の登場と下剋上の時代で、各地に戦乱が続いた。
中国史で、東周の後期。一般に晋の有力貴族の韓・魏・趙ちよう三氏が晋を三分して諸侯に封ぜられた前403年から秦が中国を統一した前221年までの動乱期をいう。
多くの者が互いに勢力を伸ばそうとして、激しく争う時代。戦国。 「コンピューター業界は-の様相を見せている」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

戦国時代の関連情報