コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藍毘尼園 ランビニオン

デジタル大辞泉の解説

らんびに‐おん〔‐ヲン〕【藍毘尼園】

《「らんびに」は、梵Lumbiniの音写釈迦誕生の地。父浄飯王の迦毘羅(かびら)城と母摩耶夫人の郷里天臂(てんぴ)城との間にあった林苑。現在のネパール南西部、インドとの国境近くのタライ地方にあるルンミンディ村。ルンビニ園

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

らんびにおん【藍毘尼園】

Lumbinī〕 釈迦の誕生の聖地。釈迦族が建てた迦毘羅かびら衛の林苑。ネパール王国中部、インド国境に近いタライ付近。ルンビニ園。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

藍毘尼園の関連キーワード無憂樹釈迦族

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android