音訳(読み)オンヤク

デジタル大辞泉の解説

おん‐やく【音訳】

[名](スル)
漢字の音や訓を借りて、外国語や外来語を書き表すこと。「仏陀(ぶっだ)」「菩薩(ぼさつ)」(梵語)、「更紗(サラサ)」「合羽(カッパ)」(ポルトガル語)、「倶楽部(クラブ)」「馬穴(バケツ)」(英語)の類。
文字や図などの印刷物を音声化すること。「小説を音訳して録音図書にする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おんやく【音訳】

( 名 ) スル
音写」に同じ。
漢字の音(時に訓)を借りて、外国語を書き表すこと。「合羽カツパ」(ポルトガル語)、「奈落ならく」(梵語)、「瓦斯ガス」(オランダ語)、「俱楽部クラブ」(英語)の類。
目の不自由な人に伝えるために、文字などを音声化すること。音声訳。 「 -ボランティア」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

音訳の関連情報