音訳(読み)オンヤク

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
漢字の音や訓を借りて、外国語や外来語を書き表すこと。「仏陀(ぶっだ)」「菩薩(ぼさつ)」(梵語)、「更紗(サラサ)」「合羽(カッパ)」(ポルトガル語)、「倶楽部(クラブ)」「馬穴(バケツ)」(英語)の類。
文字や図などの印刷物を音声化すること。「小説を音訳して録音図書にする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
音写に同じ。
漢字の音(時に訓)を借りて、外国語を書き表すこと。「合羽カツパ」(ポルトガル語)、「奈落ならく」(梵語)、「瓦斯ガス」(オランダ語)、「俱楽部クラブ」(英語)の類。
目の不自由な人に伝えるために、文字などを音声化すること。音声訳。 -ボランティア

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 漢字の音(まれには訓)を借用して、外国語の音をあらわすこと。「仏陀(ぶつだ)(=Buddha)」「襦袢(じゅばん)(=gibão)」「合羽(かっぱ)(=capa)」「倶楽部(くらぶ)(=club)」など。
※舎密開宗(1837‐47)内「漢名の蓬砂又鵬砂は即ち『ポウンサ』の音訳にして」
[語誌]杉田玄白「解体新書」の「凡例」には、訳語の方法として、在来の和語・漢語に置き換える「翻訳」、原語の意味をとって新たに造語する「義訳」、原語の音を漢字音などを借りてあらわす「直訳」をあげている。「音訳」はこの「直訳」に当たるが、大槻玄沢の「重訂解体新書」では「対訳」となっており、一定していない。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

音訳の関連情報