コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤井寺[市] ふじいでら

百科事典マイペディアの解説

藤井寺[市]【ふじいでら】

大阪府中部,大和川中流左岸にある市。1966年市制。古墳群地帯で,允恭(いんぎょう)天皇陵仲哀天皇陵古室山古墳群(史跡)をはじめ多くの史跡があり,葛井(ふじい)寺道明寺など古寺も多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふじいでら【藤井寺[市]】

大阪府南東部の市。1966年美陵(みささぎ)町が市制,改称。人口6万6988(1995)。北部は大和川に接し,南部は羽曳野(はびきの)丘陵で羽曳野市に隣接する。丘陵末端に城山古墳や仲哀陵,允恭(いんぎよう)陵,仁賢陵などが集中し,羽曳野市から続く古市古墳群の一角を占める。東部の国府(こう)は河内国の国府が置かれたところで,無土器,縄文,弥生時代の遺跡や飛鳥時代の寺院跡(衣縫(いぬい)廃寺)もある。1923年の大阪鉄道(現,近鉄南大阪線)開通以後,住宅地が形成されるようになり,第2次大戦後,住宅開発が本格化した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報