古寺(読み)こじ

精選版 日本国語大辞典「古寺」の解説

こ‐じ【古寺】

〘名〙 ふるい。旧寺。ふるでら。
※経国集(827)一〇・奉和太上天皇訪浄上人病〈源常〉「支公臥病遣居諸、古寺莓苔人訪疎」 〔杜甫‐別李秘書始興寺所居詩〕

ふる‐でら【古寺】

〘名〙 (「ふるてら」とも) 古びた寺。古くなって、荒れはてた寺。また、古くて由緒のある寺。古刹。こじ。
※今鏡(1170)九「あるふるでらのの座の下に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典「古寺」の解説

古寺
(通称)
ふるでら

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
名夕顔雨の旧寺 など
初演
嘉永4.9(江戸・市村座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

デジタル大辞泉「古寺」の解説

ふる‐でら【古寺】

古くなって荒れ果てた寺。こじ。
古くて由緒のある寺。古刹(こさつ)。こじ。

こ‐じ【古寺】

古い寺。ふるでら。「古寺名刹を訪ねる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android