古寺(読み)こじ

精選版 日本国語大辞典「古寺」の解説

こ‐じ【古寺】

〘名〙 ふるい。旧寺。ふるでら。
※経国集(827)一〇・奉和太上天皇訪浄上人病〈源常〉「支公臥病遣居諸寺莓苔人訪疎」 〔杜甫‐別李秘書始興寺所居詩〕

ふる‐でら【古寺】

〘名〙 (「ふるてら」とも) 古びた寺。古くなって、荒れはてた寺。また、古くて由緒のある寺。古刹こじ
※今鏡(1170)九「あるふるでらのの座の下に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典「古寺」の解説

古寺
(通称)
ふるでら

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
名夕顔雨の旧寺 など
初演
嘉永4.9(江戸・市村座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報