コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虫合(わ)せ ムシアワセ

デジタル大辞泉の解説

むし‐あわせ〔‐あはせ〕【虫合(わ)せ】

物合わせの一。いろいろの虫を持ち寄って、その鳴き声や姿の優劣を競う遊び。虫尽くし 秋》
歌合わせの一。左右に分かれて、それぞれ持ち寄った虫にちなむ歌を詠み、その優劣を競う遊び。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の虫合(わ)せの言及

【虫撰び】より

…虫えらみ,撰虫,虫えらい,虫合(むしあわせ)ともいう。野外に出て,虫を撰び採り,美しく飾った虫籠に入れて宮中に奉った殿上人の遊び。堀河天皇の時代(1100年前後)から始められたという。虫合は種合(くさあわせ),貝合などの物合の一つで,種々の鳴く虫などを持ち寄って鳴声や姿の優劣を競った。別に儀式ばったことではなく,嵯峨野あたりの散策で虫を集めたらしい。これはのちに虫の歌合などに発展した。これはそれぞれ虫にちなんだ歌を詠み,虫や歌の優劣を競う遊びである。…

※「虫合(わ)せ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android