蛇に見込まれた蛙(読み)へびにみこまれたかえる

ことわざを知る辞典「蛇に見込まれた蛙」の解説

蛇に見込まれた蛙

とても勝ち目のない相手に出会い、恐ろしさのために身がすくんで動けないことのたとえ。

[使用例] 勝治は、杉浦透馬を拒否することは、どうしても出来なかった。謂わばに見込まれたの形で、這いつくばったきりで身動きも何も出来ないのである[太宰治花火|1942]

[解説] 蛇が蛙を好んで食うことからいいます。「見込む」は見入るので、じっと見詰められること。

〔異形〕蛇ににらまれた蛙

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「蛇に見込まれた蛙」の解説

へび見込みこまれたかえる

逃げることも手向かうこともできず、がすくんでしまうことのたとえ。蛇にうた蛙。蛇ににらまれた蛙。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

秋の名残

秋の趣を感じさせる最後のもの。冬になっても残っている秋の趣。《季・秋》※堀河百首(1105‐06頃)冬「いかばかり秋の名残をながめまし今朝は木葉に嵐吹かずは〈源俊頼〉」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android