蛸の足(読み)タコノアシ

デジタル大辞泉の解説

たこ‐の‐あし【×蛸の足】

ベンケイソウ科の多年草湿地に生える。高さ約70センチ。茎はまっすぐに伸びて、先のとがった細い葉をつける。夏、茎の先に黄白色の小花を多数つけ、蛸の足状に見える。沢紫苑(さわしおん)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たこのあし【蛸の足】

ベンケイソウ科の多年草。湿地に自生。高さ約80センチメートル。葉は狭披針形。夏、茎頂に反曲する数本の穂状花序をつけ、黄白色の小花を密生する。和名は花序の姿をタコの足に見立てたもの。サワシオン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android