湿地(読み)シッチ

  • しけち
  • しめじ ‥ヂ
  • しめじ〔ぢ〕
  • 湿地 (シメジ)
  • 湿地/占地

デジタル大辞泉の解説

湿気が多く、じめじめしている土地
キシメジ科のキノコ。コナラなどの林に生え、白または灰色で傘の直径約6センチ、柄の高さ約9センチ。いくつも密着して発生することが多いのでセンボンシメジともいうが、柄の部分が多数合体している別種もあり、区別するためホンシメジともよぶ。「香りマツタケ、味シメジ」といわれるように、味がよく、代表的な食用キノコ。 秋》「麁朶(そだ)を負ひ―の籠をくくり下げ/虚子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

植物。キシメジ科の食用,園芸植物。ホンシメジの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「しけぢ」とも) 湿気の多い地。しっち。
※俳諧・雑談集(1692)下「碑になをしたる鳥羽の恋塚〈普舩〉 しけ地ふむひつぢまじりの芹の花〈仙化〉」
〘名〙 湿気が多くてじめじめした土地。〔書言字考節用集(1717)〕
※雪国(1935‐47)〈川端康成〉「一帯の湿地にいろんな高山植物が花咲き乱れ」 〔韓非子‐存韓〕
[補注]「色葉字類抄」には、「湿地 シフチ」とある。
〘名〙 しめった土地。しっち。
※邪宗門(1909)〈北原白秋〉魔睡・蜜の室「病めるペリガンいま遠き湿地(シメヂ)になげく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出勤再開うつ

在宅勤務から出勤再開に伴う不安やストレスによって生じる心身の不調を指す俗称。2020年に新型コロナウイルスの感染拡大防止策として普及した、テレワークなどによる在宅での新しい働き方に慣れてきた頃に、緊急...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

湿地の関連情報