湿地(読み)シッチ

デジタル大辞泉の解説

しっ‐ち【湿地】

湿気が多く、じめじめしている土地

しめ‐じ〔‐ぢ〕【湿地/占地】

キシメジ科のキノコ。コナラなどの林に生え、白または灰色で傘の直径約6センチ、柄の高さ約9センチ。いくつも密着して発生することが多いのでセンボンシメジともいうが、柄の部分が多数合体している別種もあり、区別するためホンシメジともよぶ。「香りマツタケ、味シメジ」といわれるように、味がよく、代表的な食用キノコ。 秋》「麁朶(そだ)を負ひ―の籠をくくり下げ/虚子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

湿地

アイスランドの作家アーナルデュル・インドリダソンのミステリー小説(2000)。原題《Mýrin》。「エーレンデュル警部」シリーズ。北欧の推理小説賞である「ガラスの鍵賞」を受賞(2002)。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

湿地 (シメジ)

植物。キシメジ科の食用菌,園芸植物。ホンシメジの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

湿地の関連情報