行合の餠(読み)ゆきあいのもち

精選版 日本国語大辞典「行合の餠」の解説

ゆきあい【行合】 の 餠(もち)

江戸時代、婚礼の三日後に、婿・舅の双方でともにを搗(つ)き、五八〇(あるいは五八七)に丸めて(かます)に入れ、使いに持たせてやり、互いに祝う餠。皆子餠(みなこもち)。五百八十の餠。〔随筆・東里新談(1761)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android