五百八十(読み)ごひゃくはちじゅう

精選版 日本国語大辞典「五百八十」の解説

ごひゃく‐はちじゅう ‥ハチジフ【五百八十】

〘名〙 (「五百八十年七回り」の略) 祝儀に用いる。古来めでたい数とて、喜ばしいことが末長く続くことを願って、人の長寿を祝う時や祝儀物の数などに用いられる。
咄本醒睡笑(1628)八「下さるるくるみの数も君が代もめでたかりけり五百八十」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「五百八十」の解説

ごひゃく‐はちじゅう〔‐ハチジフ〕【五百八十】

縁起のよい数として、長寿を祝うときや、祝儀物の数に用いる語。
「―のもちけば、これを拾ふ人大道もせばかりき」〈織留・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android