五百八十(読み)ゴヒャクハチジュウ

デジタル大辞泉の解説

ごひゃく‐はちじゅう〔‐ハチジフ〕【五百八十】

縁起のよい数とて、長寿を祝うときや、祝儀物の数に用いる語。
「―の餅(もち)を蒔(ま)けば、これを拾ふ人大道もせばかりき」〈浮・織留・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごひゃくはちじゅう【五百八十】

古来、めでたい数として祝儀に用いる語。長寿を祈ったり祝儀物の数などに用いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ごひゃく‐はちじゅう ‥ハチジフ【五百八十】

〘名〙 (「五百八十年七回り」の略) 祝儀に用いる数。古来めでたい数として、喜ばしいことが末長く続くことを願って、人の長寿を祝う時や祝儀物の数などに用いられる。
※咄本・醒睡笑(1628)八「下さるるくるみの数も君が代もめでたかりけり五百八十」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五百八十の関連情報