コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

使い/遣い ツカイ

1件 の用語解説(使い/遣いの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つかい〔つかひ〕【使い/遣い】

(使い)
㋐人の用事を足すために、目的の場所へ行くこと。また、その人。「母親の―で出かける」「お―に行く」
㋑身分の高い人などが、用事を持たせて差し向ける人。使者。「―を立てる」「国王の―」
神仏の使者となる動物。つかわしめ。「稲荷大明神の―」
(多く他の語と複合して用いる)
㋐使うこと。また、使い方。「―心地」「無駄―」
㋑普通の人では容易には扱えないものなどを、意のままに操ること。また、その人。「妖術(ようじゅつ)―」
召し使い。また、そばめ。
「御―とおはしますべきかぐや姫の要(えう)じ給ふべきなりけり」〈竹取
費用。
「これを道の―にして…国元へ帰して給はれ」〈浮・男色大鑑・二〉
[下接語]飯綱(いづな)使い神の使い雁(かり)の使い金(きん)遣い銀遣い剣術使い鷹(たか)遣い太刀遣い手品遣い手妻遣い二刀遣い人形遣い蛇遣い魔法使い召し使い(づかい)足遣い息遣い上目遣い面(おもて)使い音(おん)遣い仮名遣い金(かね)遣い気遣い心遣い小使い小遣い言葉遣い小間使い声色(こわいろ)遣い声(こわ)遣い下目遣い尻目(しりめ)遣い銭遣い空目遣い手遣い出遣い走り使い早使い人使い筆遣い文(ふみ)使い無駄遣い目遣い文字遣い指使い横目遣い両刀遣い

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

使い/遣いの関連キーワード公事文小用主用他用使い立て使い走り道中師ぱしり用を足す用を弁ずる

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone