使い/遣い(読み)ツカイ

デジタル大辞泉の解説

つかい〔つかひ〕【使い/遣い】

(使い)
㋐人の用事を足すために、目的の場所へ行くこと。また、その人。「母親の―で出かける」「お―に行く」
㋑身分の高い人などが、用事を持たせて差し向ける人。使者。「―を立てる」「国王の―」
神仏の使者となる動物。つかわしめ。「稲荷大明神の―」
(多く他の語と複合して用いる)
㋐使うこと。また、使い方。「―心地」「無駄―」
㋑普通の人では容易には扱えないものなどを、意のままに操ること。また、その人。「妖術(ようじゅつ)―」
召し使い。また、そばめ。
「御―とおはしますべきかぐや姫の要(えう)じ給ふべきなりけり」〈竹取
費用。
「これを道の―にして…国元へ帰して給はれ」〈浮・男色大鑑・二〉
[下接語]飯綱(いづな)使い神の使い雁(かり)の使い金(きん)遣い銀遣い剣術使い鷹(たか)遣い太刀遣い手品遣い手妻遣い二刀遣い人形遣い蛇遣い魔法使い召し使い(づかい)足遣い息遣い上目遣い面(おもて)使い音(おん)遣い仮名遣い金(かね)遣い気遣い心遣い小使い小遣い言葉遣い小間使い声色(こわいろ)遣い声(こわ)遣い下目遣い尻目(しりめ)遣い銭遣い空目遣い手遣い出遣い走り使い早使い人使い筆遣い文(ふみ)使い無駄遣い目遣い文字遣い指使い横目遣い両刀遣い

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android