コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行縢の滝 むかばきのたき

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮崎県〕行縢の滝(むかばきのたき)


宮崎県延岡(のべおか)市北西部、行縢山(標高830m)の東麓(とうろく)を流れる行縢川にかかる滝。落差77m。「日本の滝百選」に選定。行縢山は浸食が進んでおり奇岩・絶壁で知られる。紅葉の名所。矢筈(やはず)滝とも。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

行縢の滝の関連情報