コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行縢山 むかばきやま

4件 の用語解説(行縢山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

行縢山
むかばきやま

宮崎県北部,延岡市西部にある山。標高 830m。全山に奇岩絶壁がそそり立ち,頂上部は二つの岩峰に分かれ,その遠望が行縢 (むかばき。武士が狩猟などの際に腰部から脚部を覆った布や革) に似ていることからこの名がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

むかばきやま【行縢山】

宮崎県北部,延岡市西部にある山。山頂部は東西二つの岩峰に分かれ,東の雄岳(799m),西の雌岳(831m)が遠くから眺めると,行縢に似ているのでこの名がある。北方の大崩(おおくえ)山(1643m)が新第三紀中新世(2600万年前)に噴出したとき,その南側のひび割れに花コウ斑岩が噴出して険しい山が円弧状に並んだが,その主峰がこの山である。頂上近くに行縢ノ滝(高さ100m,幅20m)がかかり,山麓には8世紀前半創建という行縢神社がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮崎県〕行縢山(むかばきやま)


九州山地北東部、宮崎県延岡(のべおか)市の西部に位置する山。標高830m。中腹を絶壁が取り巻き、西の雄()岳、東の雌()岳の2峰に分かれる山頂部はやや平坦(へいたん)。両峰の間に高さ77mの行縢の滝がかかる。祖母傾(そぼかたむき)国定公園に属する。山腹の岩壁はロッククライミングの適地。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

行縢山
むかばきやま

宮崎県北部、延岡(のべおか)市北西部にある山。中腹絶壁に落差80メートルの行縢ノ滝がかかる。標高830メートルの花崗斑岩(かこうはんがん)の岩山で、東西に切り立った断崖(だんがい)が連なる。行縢山の形成は第三紀中新世で、北西部の大崩山(おおくえやま)花崗岩体の上昇に伴う割れ目に花崗斑岩が貫入したものである。この岩脈は西から東に丹助(たんすけ)岳、矢筈(やはず)岳、比叡(ひえい)山、行縢山、可愛(えの)岳と続き、いずれも険しい山容である。山は西の雄(お)岳、東の雌(め)岳(799メートル)に分かれ、中間に滝がかかる。延岡市の近郊にあってバスの便もあり、市民の行楽地となっている。祖母傾(そぼかたむき)国定公園に属する。なお、行縢は古代乗馬用の皮脚絆(かわきゃはん)で、形が山容に似るため、名づけられたという。[横山淳一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

行縢山の関連キーワード宮崎県延岡市天下町宮崎県延岡市尾崎町宮崎県延岡市北町宮崎県延岡市西小路宮崎県延岡市長浜町宮崎県延岡市中町宮崎県延岡市西階町宮崎県延岡市野地町宮崎県延岡市浜町宮崎県延岡市東本小路

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

行縢山の関連情報